03-5835-2820
平日9:00~18:00
Zoom等オンラインでのご相談も可能です
ご相談はオンライン対応可能

アクシアはシステムの受託開発を行っている会社です。顧客のIT化、業務効率化、それに伴うシステム開発を支援しています。ITで顧客の生産性を向上を実現させることがアクシアの使命です。IT化、業務効率化、システム開発で課題を抱えたお客様から日々お問い合わせをいただいております。

例えば、

ハンコのためだけにオフィスに出社。

コロナ前まではオフィス出社が当たり前の世の中でしたが、コロナ禍でリモートワークを導入された企業もたくさんあります。アクシアも元々希望者のみリモートワークを導入していましたが、コロナ禍で思い切ってオフィスを無くしてしまいました。

リモートワークで仕事をするのが当たり前になると、たまに印鑑を押す必要がある時に出社するのが面倒くさくなりますよね。ものすごく非効率です。こうした非効率を何とかしたいというご相談をいただくことがあります。

他にもペーパーレスを促進したいというご相談もあります。

ペーパーレス

以前から無駄な紙を使わないようにペーパーレスということは言われてきましたが、リモートワークが普及してオフィス出社をする機会が少なくなると、ペーパーレスの必要性はますます大きくなりました。

普通にペーパーレスが促進されれば良いのですが、既存の業務フローを変えずに形だけペーパーレスを進めようとすると、かえって従来よりも業務量が増えてしまって余計な時間がかかるようになってしまうこともあります。単にIT化、ペーパーレス化を進めるのではなく、業務フローからしっかりと見直すことが必要です。

何でもExcel(スプレッドシート)管理していて業務が非効率になっているような企業もあります。

Excelは優秀なソフトウエアなので用途を間違わなければ威力を発揮してくれますが、Excelが優秀すぎるせいで何でもかんでも情報をExcel管理するようになってしまい、ちょっとした作業をするだけでも非常に非効率な状態に陥ってしまっているケースを今まで何度も見てきました。

システム開発や保守・運用でお困りの方はこちらからお問い合わせください。

それは何のための苦行ですか?

ハンコを押すためだけに電車に揺られてオフィスに出勤する。ペーパーレスの対応をするために業務量が増えてしまっている。Excel管理から抜け出せないがために仕事が著しく遅くなってしまっている。

解決する方法があるのに、今まで通りの非効率なやり方を続けてしまうのは苦行以外の何物でもありません。

無駄なことをやめればコスト削減できるし、削減された時間やお金を使って売上アップを狙うこともできます。無駄なことを繰り返すのはモチベーション低下にもつながります。

無駄なことに労力を使い続けるのは、時間とお金を無駄にしながら社員のモチベーションを削ることとイコールです。できるだけ早く無駄なことはやめましょう。

IT化しましょう

ITはコスト削減が得意です。業務効率化はIT化すれば実現できるものではありませんが、業務効率化を考えた時にIT化は避けて通ることはできません。

しかしいざIT化を進めていこうと思うと、色々な不安が出てくるはずです。

何億もかかるんでしょ?

システム開発のやり方によっては何億もかかることも実際あります。大手SI企業に開発をオーダーすれば当然金額も大きくなるでしょう。

多重下請構造
多重下請構造

日本のIT業界はこのような多重下請け構造に組み込まれている企業が多いので、同じシステムを作る場合でもどこに依頼するかで金額は全く変わってしまいます。

アクシアは創業以来「完全自社開発」にこだわって開発を行ってきております。そのため不当に高いマージンが途中で抜かれてしまうようなことはありません。一つのシステムを開発するのに億単位で費用が発生することもありません。ほとんどのシステムは数百万~2千万程度の開発費用となっております。

システム開発や保守・運用でお困りの方はこちらからお問い合わせください。

なんだか面倒くさそう

システム開発は簡単とは言いません。システム開発のプロジェクトを成功に導くためにはお客様の協力も必要です。単に物を売って終わりというビジネスではなく、顧客の業務フローの見直しから検討してIT化を進めていくわけですので、最適な業務フローの検討を行うためにはお客様にも一緒になって考えていただく必要が必ずあります。

もしもシステム開発は最初から最後まで全部丸投げしたい、面倒くさいことは一切やりたくないというお客様からご相談いただいた場合には、大変申し訳ありませんがアクシアではお断りさせていただいております。お客様にも本気でプロジェクトに取り組んでいただかないと、プロジェクト成功は実現できないからです。

逆に顧客と開発会社の両社が本気になって取り組んだプロジェクトが失敗する確率は極めて低いです。開発プロジェクトが失敗した話はよく聞きますが、必要以上に恐れる必要は全くありません。真剣にプロジェクトに取り組んでいただければプロジェクトを成功に導くことは可能です。

ITのことは何もわからないんだよね

大丈夫です。それでOKです。そのために我々がいます。

すでに述べたようにシステム開発のプロジェクトを成功に導くために絶対的に必要なことは、顧客と開発会社の両社が本気でプロジェクトに取り組むことです。お客様のITリテラシーは高い方がもちろんスムーズではありますが、これは必須ではありません。

ITに関する専門知識は専門家である我々が提供できますのでご安心ください。しかし我々はITの専門家ではありますが、お客様の業務に関しては誰よりもお客様ご自身が熟知しているはずです。IT化を検討する際にはお客様の業務フローの見直しを行います。その時に業務に関して一番熟知しているお客様のご協力が不可欠なのです。

自社の業務を真剣に改善したいと思う姿勢があれば、ITに関することや業務効率化のノウハウについては我々専門家が全力でサポートしますので心配ご無用です。

何から手を付けて良いかわからない?

まずは会社全体のIT化状況を明らかにしましょう。

アクシアは業務フローの分析得意です。アクシア自身の業務効率化を日々行ってきており、その結果として2012年から残業ゼロ、2019年から有給消化率100%という他社には中々真似できないレベルの実績もあります。

我々が長年培ってきたノウハウはITに関することだけではありません。徹底した業務効率化のノウハウは他のどこにも負けないという自負があります。お客様には我々が培ってきた業務効率化のノウハウを惜しみなくご提供させていただきます。

何から手を付けて良いかわからなくても大丈夫です。我々がお客様の会社全体のIT化状況や業務フローを分析して最適な方法をご提案させていただきます。

まずはお話しましょう。お気軽にご相談ください。