睡眠時間を削ると人間はバカになる


アクシアが昔は残業まみれの会社で、今は残業ゼロの会社だという話をすると、いつも決まって聞かれることがあります。

売上落ちたでしょう?

しかし事実は異なります。残業まみれだった2012年9月の売上に対して、残業ゼロになった翌月の2012年10月は、生産量(≒売上)が27%増加。これが事実。

残業を無くしても売上が落ちない理由

労働時間を減らしても売上は逆に伸びることがあるということを理解してもらうことは中々大変です。

ではなぜこのような事実とは異なった認識がされてしまうのか?その理由は、生産性に対する正しい認識が抜け落ちているからです。

生産量 = 労働時間

このように考えてしまうと、労働時間の減少=売上の減少という考えになります。しかしこれは誤りです。実際はもっと複雑だと思いますが、シンプルに表現すると正しくは下記のようになります。

生産量 = 労働時間 ✖ 生産性

これの意味することは、単純に労働時間を増やしていっても、それだけで生産量が増えるわけではないということです。労働時間を増やしても、生産性が低下すれば生産量が増えないどころか減ることも十分に考えられるということです。

睡眠不足が続けば生産できる「量」も低下する

労働時間を増やしていけば、その時間に比例して生産量も増加していくと勘違いしている人がたくさんいます。少し考えればそんなわけないのに、労働時間=売上と信じている人はいます。

生産性を低下される大きな要因となるものに「睡眠不足」があります。

健康づくりのための睡眠指針2014

これは厚生労働省のウェブサイトにある資料ですが、重要なポイントをいくつかピックアップしてみます。

  • 起床後12~13時間が集中力を保てる限界
  • 睡眠不足が連日続くとさらに生産性は低下する
  • 作業効率が落ちているのに眠気を感じない
  • 知らないうちに作業効率が低下する
  • 睡眠不足が6~7日続くと3日十分寝ても効率は戻らない
  • 週末寝すぎると週明けの眠気につながる

「知らないうちに作業効率が低下する」「睡眠不足が6~7日続くと3日十分寝ても効率は戻らない」「週末寝すぎると週明けの眠気につながる」この辺りはあまり認識されていない事実でしょう。一晩ぐっすり眠るだけで元気な状態に戻ると誤解している人は多いと思います。

厚生労働省のウェブサイトには事実に基づいた詳細な情報が記載されていますが、この資料に書かれていることを簡単に一言でまとめると睡眠時間を削ると人間はバカになるということです。そして一度バカになってしまうと元通りになるのにも時間がかかるのです。

睡眠不足はそれが続けば続くほどバカになっていきますから、生産性もどんどん低下していきます。そうするとどんなに労働時間を増やしても、それに反比例するかのように生産性が低下していきますから、全然生産量が増えないという悪循環に陥ります。

これが、労働時間を増やしても生産量が増えないからくりです。

生産性と睡眠の関係をグラフで表すツール

ここまで文章で睡眠が生産性に及ぼす影響を説明してきましたが、ここまで説明しても「は?何言ってんの?意味わかんねーよ」という方もいますよね。

わかります。これまで何度も口頭や文章で説明を試みても、中々理解していただけない悲しい経験が多々ありますから。

そこで睡眠不足が生産性に悪影響を及ぼし、睡眠不足が続くと生産できる「量」もトータルで低下してしまうことが、誰にでも視覚的に理解できるツールを作成しました。

生産性睡眠グラフ

これは下記のような感じで、しっかり睡眠ができる場合と、睡眠不足が続いた場合とで、生産性と生産量がどのように変化していくかをグラフで表すものです。

生産性睡眠グラフ

生産性睡眠グラフ

これを見ると、どのように1日当たりの生産量が低下していき、累積の生産量がだいたいどの辺りで逆転するのかを視覚的にイメージすることができます。

基本的に厚生労働省の資料をベースにしていますが、睡眠不足による生産性への影響は個人差があることも考慮して、各種パラメータも操作できるようにしてあります。

よってこのツールは厳密性よりも、睡眠不足によって生産できる「量」も低下してしまうことが感覚的にわかることを目的としているとご理解ください。

自分の労働時間を設定した結果のグラフをTwitterでシェアできるようにしてありますので、ぜひ試してみていただけたらと思います。

生産性睡眠グラフの使い方

このツールは労働時間が長すぎると睡眠不足になって、生産性だけではなくトータルの生産量まで低下することを、誰でも視覚的に簡単に理解できることを目的として作りました。

下記のようなシーンでご活用いただけます。(自己責任でお願いしますw)

  • 仕事を終わらせるために毎日残業して寝不足だが、しっかり睡眠をとるようにした方が早く仕事が終わることを上司に理解させたい
  • 残業を減らすと売上が落ちると怯えている経営陣に、残業を減らして売上が伸びることもある客観的事実を提示したい
  • 「売上を伸ばすためにみんなで頑張って残業するぞ」と意味不明な発言をしている上司のプライドを傷つけることなく優しく説き伏せたい
  • 「労働時間を10%減らしてもGDPが10%減るだけ」と言っている学者さんにそうじゃないだろと反論したい

このエントリーに関連した記事はこちら