物事を0か100でしか考えられない人は思考停止している


どう頑張ってみても話が噛み合わない人っていますよね。話が噛み合わない理由は色々あると思いますが、物事を0か100でしか考えられない人が世の中には結構いるみたいで、そういう人達とは話をしていても全く噛み合わないことが多い。議論にならない。

わかりやすいところでは、自分の嫌いな人がいたとします。嫌いな人だからと言って、その人の発言が全部間違っているわけでもないのに、「その人が発言したことだから」という理由で最初から全否定する。どんなに論理的に話をしようとしても、「この人の言ったことに意味はない」とか言ってきて全く話にならない。そういう人は逆に自分が支持する人の話は妄信的に信じたりもする。はっきり言って危険極まりない。

人間なので好き嫌いはあっても良い。感情的になることだって誰しもあるでしょう。インターネット上では相手の顔が見えない分だけ、リアルな世界よりも感情的になってしまうことも多いかもしれません。

しかしそれも行き過ぎると危ないかもしれません。「この人が言っていることだから全面的に正しい」「この人が言っていることだから全面的に間違っている」みたいなことになってしまうと完全に思考停止です。物事を0か100かでしか考えられていません。この人の言うことの95は間違っているけど、5くらいは正しいかもしれないという考え方すらできなくなっています。

この「5くらいは正しいかもしれない」の考えを持っていることは重要です。人の言っていることを正しいかどうかを自分の頭で考えるということですから。それすらもできない思考停止状態に陥ってしまった人は変な宗教とかにはまってしまいそうで心配です。

最初から全否定するから話が噛み合わない

先日ZOZOの田端さんが「過労死は自己責任」と発言して炎上しました。

ZOZO田端信太郎さんの過労死自己責任論が炎上している件

この件で田端さんが言っていることをよく読んでみれば、「ブラック企業からは逃げろ」ということを言っているだけで、何もおかしいことは言っていないわけです。

しかし思考停止していて冷静に受け止められない人にとっては「過労死は自己責任」この発言自体が許せなかったわけです。過労死は企業に全面的に責任があるのであって本人に責任などないと延々と繰り返していました。

田端さんも企業に責任がないなどとは言っておらず、むしろ企業に責任があることは明言していたのにそこは無視。「過労死は自己責任」という部分だけを切り取って噛み付いていた人達によって炎上しました。

こういう人は企業の責任が100であって労働者の責任は0としか思考することができない。もしかしたら労働者にも5くらいは責任があるのかもしれないと考えることが一切できない。

それによって、労働者の自己責任においてブラック企業から逃げることの重要性を議論して世の中に広く認知されるための妨げにすらなってしまいます。過労死が発生している以上は企業に責任があることなど議論の余地もないことですが、労働者にも自己の責任においてできることはあるだろうという議論はこれはこれであるべきです。

そのためには「企業の責任が100」ではなくて、もしかしたら5くらいは労働者にも責任はあるのかも?という思考であることは重要です。

挙句の果てには「田端さんが言っているから価値はない」とか「これは炎上芸だから意味がない」ということを言い出す人まで出てくる始末。田端さんが発言していようとそれが炎上芸だろうと情報の価値には変わりありません。

田端さんが嫌いだからとか、炎上芸が嫌いだからとかいう理由でそれらの情報を見ないのは勝手ですが、それを理由に議論の土台に上げられても全く話が噛み合うはずがないです。

気に入らないことが1つでもあると全否定はもったいない

先程の話の続きとして「こいつはムカつくからこいつの発信する情報は見ない」でも別に良いのですが、これは個人的にはもったいないなと思う側面もあります。

こいつムカつくからこいつの発信する情報は見ないという人は、気に入らないことが1つでもあると全否定してしまうのかもしれませんが、気に入らないことを言う人だからってその人の発信する情報の全部に価値がないわけではありません。

例えばですが、10の価値ある情報を発信するAさんがいたとします。Aさんは10の価値ある情報を発信してくれますが、5の気に食わない発言もするとします。一方でBさんは5の価値ある情報を発信してくれますが、気に食わない情報を発信することはありません。

この時に0か100でしか考えられない人は、Bさんの情報をフォローしますが、価値ある情報の量で比較した時にはAさんが10でBさんが5なので、Aさんをフォローした方が良いということに気づいていません。感情的にBさんしか受け入れることができないからです。

もっと言えば20の価値ある情報を発信するCさんが、気に入らない無価値な発言を30していたとしても、CさんはAさんよりも価値ある情報をたくさん発信してくれているわけですね。

田端さんはこの中で言うとCさんのようなタイプかもしれませんね。子供が過労死してもしょうがないとか、子供3人作ったのはそういう時のためのリスクヘッジだとか発言して、時々「え!?」と思うようなことも言いますし、しょっちゅう水着の女の子の写真をリツイートされるのでそれが会社のパソコンの画面に表示されているところを社員に見られると気まずい感じになることもあります。w

それでも私にとっては価値があると思える情報発信の絶対量が多いので私は田端さんをフォローしています。全面的に支持できる発言ばかりではありませんが、フォローしないという選択はもったいなくてできません。

0か100かでしか考えられない思考停止している人達の具体例

物事を0か100でしか考えることのできない思考停止している人達は世の中にたくさんいます。いくつか具体例をあげてみますが、他にもこれはぜひとも載せてほしいという事例があればご連絡ください。後から加筆させていただくかもしれません。

労働者批判をすると無条件で反発する人

労働者の批判をすると無条件で反発する人がいます。こういう人達は逆に経営者や会社の批判は無条件で賛同する傾向があります。

これは私がたまり使用する図なのですが、ヤバイ経営者(いわゆるブラック企業経営者)がいれば、一方でヤバイ労働者がいることも事実です。世の中を良い方向に進めていくためには、ヤバイ労働者にも目を背けずに向き合って問題解決していかなければなりません。

ところがなぜか労働者批判はタブー視されているところもあり、労働者を批判しただけで無条件で反発してくる人達もいるわけです。こういう人達は思考停止してます。はっきり言ってブラック企業経営者と大差ないです。

特定の政党を妄信的に支持する人

このカテゴリーには特に思考停止している人達がたくさんいるので、正直あまり政治に関わる話はしたくないのですが、特定の政党を妄信的に支持している人も思考停止していますね。その逆で自分の支持政党以外の言うことは全面的に否定するような人も同じです。

私は別に安倍政権に対して支持でも不支持でもありませんが、安倍政権が行ったことは全部否定する人達、はっきり言って気持ち悪いくらいに思考停止していますね。もう少し個別の事案ごとにご自分の頭で考えられた方がよろしいのではないでしょうか。

先日日大アメフト部のタックルがニュースになった時に「アベガー」の人達が「これは安倍政権のせいだ」と叫んでいた時はさすがに笑いました。何をどう考えたらそうなったのでしょうか。おそらくミミズと同じくらいの思考能力しか残っていなかったのでしょう。

まとめ

具体例まだまだ書こうと思ったのですが、これ以上書くとヤバイなと思ったのでこの辺でやめておきました。w

いずれにしても物事を0か100でしか考えないで思考停止するのではなく、自分の頭で考えることが大切ですね。自分の頭でしっかり考えて判断できるようにしておかないと、変な詐欺に引っかかったり、怪しいツボを買わされたりしてしまうかもしれません。

このエントリーに関連した記事はこちら