「なんで保育士の給料は低いと思う?」という記事に対して、堀江貴文さんが「誰でもできる仕事だからです」とコメントしたことで色々と盛り上がっていました。

これに対しては賛否両論あるようですが、誰でもできる仕事だと言われてしまった方は気持ちのよいものではないかもしれませんね。エンジニアに対しても「プログラムなんて誰にでもできる仕事」という人がいますが、これを言われると正直私もカチンときます。w

プログラムなんて誰にでもできる仕事と言われることに嫌悪感を感じるのは、そこにリスペクトの気持ちが感じられず、エンジニアを下に見ている感じが否めないからでしょうね。一緒に仕事をする相手に対して「あなたの仕事は誰にでもできる仕事」と面と向かって言うのはさすがに失礼ですよね。

しかし「なんで保育士の給料は低いと思う?」の質問に対する「誰でもできる仕事だからです」という回答には事実が含まれていますと思います。私は保育士の仕事を知りませんので実際のところなぜ給料が低いのか知りません。しかし誰にでもできる仕事だと給料を上げていくことが難しいことは真実でしょう。

エンジニアの中にも給料が安すぎると文句を言う人がたくさんいますが、エンジニアの給料はなぜ低いのでしょうか。

なんでエンジニアの給料は低いと思う?

エンジニアの場合は全員給料が低いわけではなくて、実際には年収1千万以上のエンジニアだって普通にいます。エンジニアの場合は給料が高い人もいれば安い人もいるというのが実際のところです。

そういう意味で需要はたくさんあるのに給料の高い人も安い人も存在するのではなく業界全体の給料が安い保育士の場合は、単に誰にでもできる仕事だからというだけの話ではなくて業界構造的な別の問題がもしかしたらあるのかもしれませんね。

エンジニアの場合は給料の高い人も安い人も存在するわけですが、給料の安いエンジニアはなんで給料が低いのでしょうか?それに対する答えとしては「誰でもできる仕事だからです」と答えることが適切だと言わざるをえないケースは多々あるように思います。

基本的なプログラミングに関してはきちんとしたステップを踏んでいけばほとんどの人が習得することは可能です。英語などの外国語の習得と比べても、プログラミング言語の修得の方が難易度はかなり低いと思います。

基本的なプログラミングを修得すれば一応業務に参画することはできるようになりますが、そこまでだと「誰にでもできる仕事です」と言われてしまいます。そこからさらに収入を増やしていきたいと考えるのであれば、それ以上のスキルを習得していけるように自己研鑽することは必須です。

給料の安いエンジニアがなんで給料が安いのかというと、誰にでもできる仕事しかできないからである可能性が高いです。

そういう発言をすると必ず「給料が安いのは会社が十分な報酬を払わないからだ」と言う人が出現しますが、その場合でも高いスキルを持ったエンジニアであれば高い給料を払ってくれる会社に容易に転職することができますので、自分の給料が安いことを会社のせいにすることには何の意味もありません。

付加価値の高いエンジニアの給料は高い

日々自己研鑽して高いスキルを持っている付加価値の高いエンジニアの給料は高いです。誰にでも簡単にできないことができるからです。世の中には年収1千万以上もらっているエンジニアなど普通にいます。

一方で自分の安い給料にいつも文句を言っているエンジニアも中にはいます。給料が安いのはそれほど高い技術力がなくて誰にでもできる簡単なことしかできないからです。

確かにプログラミングスキルは基本的なことだけであればそれほど習得は難しくありませんしほとんどの人が習得可能なスキルですから、それだけ身に付けてその後の努力を怠ればそれ以上は劇的に給料が上がらなくてもそんなの当然だと言わざるを得ません。

しかしIT技術は日進月歩でありエンジニアにとっては日々学ばなければならないことがあふれており、勉強しなければならないことは次から次へと湧いてきて尽きることがありません。スキル習得を怠らずに日々自己研鑽して高い技術力を持つエンジニアの給料はどんどん高くなっていくことは当たり前です。

以前勉強するのも勉強しないのも本人の自由ですよというブログ記事を書きました。

エンジニアは業務時間外でも勉強するべきなのか

別に勉強してスキルアップを極めていくことだけが人生の全てではありませんから、勉強するのもしないのも本人の自由ですが、何も努力してないのに給料が安すぎると文句を言っている人は、なぜ自分の給料が安いままなのかをもっと客観的に考えた方が良いと思いますよ。

給料が安いと嘆く前にやるべきことがある

誰でもできる簡単なスキルを身に付けただけではそこから対して給料が上がっていかないことは当たり前の話です。数ヶ月学んだ程度の技術で高い給料をもらおうと考える方が無理があります。

誰でもできる仕事しかできないと給料は中々上がりにくいですから、給料を高くしていきたいのであれば自己研鑽して誰でもはできない仕事をできるようになって、自らのエンジニアとしての付加価値を高めていかないとどうしようもないです。

高い技術力を持っていて他の人には中々できないスキルを持っている人はすぐに給料を上げることができます。給料は上げたい、でも努力はしたくないという人が多すぎるように思います。

 

面と向かって「あなたのやっている仕事なんて誰にでもできるでしょ」と言われれば誰でも嫌悪感を感じますので、一緒に仕事をする人にそういうことを言う場合は注意する必要があると思います。

しかし誰にでもできる仕事では給料は高くならないという事実には目を背けずに受け入れるべきではないでしょうか?給料を高くしたいのであれば、相応の工夫や努力は必要だと思います。