残業と一言で言っても色々ある


世の中全体で働き方改革の流れが進んで長時間労働は解消していきましょうという流れができてきています。一方でこんな問題も出てきています。

「早く帰れ!」部下に時間短縮迫る「ジタハラ」、退勤促すドローンも…問題の本質は?

何にでもとりあえず「ハラスメント」と名付けるのは本当にやめてもらいたいと個人的には思いますが、早く帰れと言ったら言ったで文句を言う人がいるわけですね。そういう文句を言う人の中には単に文句だけ言いたいアホも多いように思いますが、中には理不尽な状況に追い込まれてしまっている人達もいるかもしれません。

アクシアでは残業ゼロのシステム開発会社ということで対外的にアピールしていますが、別に残業やりたい会社はやっても良いと思うんですよね。私自身、残業が絶対悪だと思っているわけではありません。

ただし「こういう残業は絶対にやめておくべきだ」というものはあって、残業と一言で言っても色々あると思います。それを全部一括りにして「ジタハラやめろ!」とか言うからアホみたいに見えてしまうのだと思います。

そのあたりについて、どんな残業ならやっても問題なさそうか私の考えをまとめてみました。

突発的な残業vs慢性的な残業

そもそもの話として、本来残業というものはどうしてもやむを得ない状況になった時に、突発的に通常勤務時間を超えて行うものだと思います。それなのに残業することが慢性化してしまい、残業することがデフォルトになってしまっているところに多くの問題があると思います。

慢性的に残業することが当たり前となってしまっている場合、明らかに会社の体制であったり業務効率であったり、そういったところに構造的な問題があるということです。本来突発的なものであるべき残業が慢性化してしまっているということは、その時点である意味業務の進め方が破綻してしまっています。

慢性的に残業を繰り返していると、しっかりとした休息を取ることもできなくなることもありますし、そうするとどんどん仕事の効率は下がっていきます。効率的に仕事をしようとするのであれば十分に休息を取ることは必須です。慢性的な残業は効率的に仕事をすることを妨げます。

たまに何かあった時に臨時で残業するのであれば問題ありませんが、それがいつもいつも当たり前の状態となってしまっているのであれば、今すぐに業務のあり方を見直す必要があります。業務効率を改善したり組織風土を改めたりする必要があります。

必要な残業vs無駄な残業

ものすごく当たり前すぎることなのですが、残業するからにはそれは「必要な残業」であるべきです。そんなこと当たり前だと思われる方もいるかもしれませんが、悲しいことに世の中には無駄な残業が溢れかえっております。

無駄な残業の筆頭にあげることのできるものに付き合い残業があります。やること終わっているけど上司がまだ残っているから何となく帰りにくくて自分も残って残業するというアレです。こんなものは無駄でしかないのでさっさと是正されるべきです。

また最近では家に帰りたくなくて会社に残って残業する人が結構いるらしく、そういう人たちのことをフラリーマンとか言うらしいですね。家に帰りたくないなら別に帰らなくても個人の勝手だと思いますが、それで居場所がなくて会社に残って残業しているというのは会社からしたら迷惑極まりないですよね。

そしてこれも会社にとって大きな問題となってしまいますが、自分の生活費を稼ぐためにわざと会社に残って仕事する生活残業というものがあります。会社の基本給が安いせいだと人のせいにする人がたまにいますが、そんなの基本給が安いことは最初からわかっていたはずだし、嫌ならその会社辞めて希望する給料出してくれる会社に転職すれば良いだけです。

でも転職して希望する給料出してくれるほどの能力は無かったりするので、会社に寄生するようなことをして生活残業という姑息な手段で自分の時間を切り売りしてお金を稼ぐわけですね。こういう存在は会社にとっては迷惑な存在でしかないですし、まさに会社の癌となっている人達です。

生活残業されると迷惑なのは会社だけではないですよ。周りで効率よく真面目に仕事している同僚の人達も生活残業している輩にはもう少し怒った方がいいですよ。こういう無能な人達が勝手に生活残業して残業代をかっさらっていくということは、本来他の人達がボーナスとかでもらえたかもしれないお金がこういう自分勝手で無能な人達の生活残業に消えていっているということですからね。私がサラリーマンだったら絶対文句言ってます。

お金が払われる残業vsサービス残業

これも当たり前過ぎることですが、労働に対しては対価が支払われるべきです。しかし世の中の色々なところで労働に対する対価が支払われないサービス残業が問題となっていますね。

上記であげた例で「突発的な残業」「必要な残業」なら残業やっても良いと思いますが、よくある例としてブラック企業では「突発的な残業」「必要な残業」をお金を払わずに、つまりサービス残業で従業員にやらせようとします。

急なトラブル対応が発生した時などに「これは緊急でどうしても必要なことだから対応してくれ」と言いながら、残業代は払わないといった話はよく聞きます。

ちなみにサービス残業は悪だという共通認識は社会の中で形成されてきていると思われますが、これと同じようなことをブラックな顧客がやることもよくあるのにこちらに関してはあまり叩かれることもなく当たり前にやってくるブラック顧客もありますね。

「これは緊急でどうしても必要なことだから対応してくれ」と言いながら、顧客がサービス料金は払ってくれないみたいな場面に遭遇したことのある方も結構多いのではないでしょうか。

会社内では労働に対する対価、社外であればサービスに対する対価、どちらであっても対価は適切に支払われるべきですね。

突発的で必要な残業にお金が支払われるならやっても良い

残業をやる場合に、以下の条件が満たされるのであればその残業はやっても良いのではないかと思います。

  • 突発的であること
  • 必要であること
  • お金が支払われること

これら全ての条件が満たされない場合には、その残業は是正されるべき対象です。残業にお金が支払われないことは論外なのはもちろんなのですが、慢性的であることも論外ですし、無駄な残業ももちろん論外です。

それなのに「ジタハラ」とか言って騒いでいる人の中には、これら全ての残業を一括りにして「無理やり帰らせるのはおかしい」みたいなことを言う人もいるようです。

無理やり帰らせるのはおかしいというところが問題の本質なのではなくて、残業が慢性的になってしまっているのであれば残業削減する方向性としては正しいですし、無駄な残業が行われているようであれば直ちにそんな残業はやめさせるべきです。

組織の中にそれなりの人数がいるのであれば、中には必ず無駄な残業をやっている人もいます。残業が状態化している企業で、「うちは無駄な残業は一切ない」と言い切れる会社があるでしょうか。残業が常態化してるくせにそんなこと言っている人がいたら相当おめでたい頭してると思いますね。

残業が常態化しているような会社であれば必ず「無駄な残業」も存在しているので、その部分を直ちに無くすことは可能です。業務効率化が必要だったりするのはまた別の部分の話です。

 

今日は午後から健康診断がありまして、何も食べてないのでお腹をすかせています。そして私の大嫌いな採血があることを思い出して絶望しています。採血後はとても仕事する気にはならないと思うので、今日はそろそろ仕事終了となる予定です。w