最近プログラミングスクールが増えてきているようです。未経験の方がプログラマーになりたいと思った時に利用できる選択肢が多くなることは非常に良いことだと思います。そのプログラミングスクールの中にはなんと受講料が無料で受けられるものまで存在するようです。無料で受講できるだけではなく、その後の就職先まで面倒を見てくれるようです。

プログラマーになりたいと思っている人にとっては、無料でプログラミングを教えてもらえてしかも就職先まで見つけてもらえるということで、願ったり叶ったりのように思えますが、昔からタダより怖いものはないとも言いますね。無料であることには当然理由があるのです。

無料のプログラミングスクールを全面的に否定するつもりはありませんが、もし無料のプログラミングスクールを考えている方がいた場合には、そこに潜むリスクについても十分に知っておいていただきたいと思います。

運営会社が指定する会社に就職することが無料の条件となっている

無料のプログラミングスクールをいくつか調べてみましたが、その無料プログラミングスクールの運営会社が指定する会社に就職することが無料である条件となっていることが多いようです。パターンとしては、

  • 無料プログラミングスクールの運営会社に就職
  • 無料プログラミングスクールの運営会社が紹介する会社に就職
  • 無料プログラミングスクールの提携先が紹介する会社に就職

こんな感じのパターンとなっていることが多いようです。いずれにしてもプログラミングスクール受講後に完全に自分で自由に就職先を選べるケースはほとんどなく、指定された先以外の就職先を選択肢た場合にはスクール受講料が有料になる仕組みになっていることが多いようです。

これは無料である以上はある意味当然のこととも言えます。無料プログラミングスクールを運営している会社もボランティア活動をしているわけではありませんから、利益を上げるために何か理由があって無料でプログラミングスクールを運営しているわけです。

運営会社が就職先として指定されている場合は、その後その会社でプログラマーとして活躍してもらうことを期待して無料でプログラミングを教えているわけです。他の指定した会社への就職が条件となっている場合は、斡旋先の企業から人材紹介の手数料をもらうことで利益を出しているわけです。

でもどうせプログラマーとしてどこかの会社に就職したいわけだし、就職先を斡旋してもらえることはデメリットどころかむしろ助かると思う方もいらっしゃるかもしれません。でもこのように就職先を縛られることを決して甘く見てはいけません。ここを甘く見ると痛い目にあう可能性があります。

斡旋された就職先企業が全てブラック企業であったらどうするのか

就職先を斡旋してもらえることはありがたいことではありますが、自分が納得できる会社でなかった場合には他で就職先を探せる選択肢が奪われてしまうことの意味を甘く見ている方が多いと思います。

もし斡旋される会社が全てブラック企業であったらどうするのですか?

しかも無料プログラミングスクールが指定する会社に就職しなかった場合には受講料が有料になるという縛り付きです。たとえブラック企業しか紹介されなかったとしても、受講料を無料とするためには紹介された会社に就職するしかなくなってしまいます。

たまたま良い会社を紹介してもらえた場合には、プログラミングスクールを無料で受講できてしかも良い会社まで斡旋してもらえたということで、それは幸運なことと言えるでしょう。しかし就職先を運に任せてしまうことはあまりにも危険すぎます。

もし無料のプログラミングスクールを受講する場合で、無料の条件として受講後の就職先に指定がついている場合にはこのようなリスクも承知した上で受講しなければなりません。私の個人的な意見としましては、就職先を縛られてしまうような危険を犯すくらいであればお金はかかったとしても有料のプログラミングスクールを選んだ方が良いと思います。

無料でプログラミングを教えてもらえる代わりにブラック企業に打ち込まれたのではたまったものではありません。

無料プログラミングスクールがブラック企業への人材提供元となっている

無料プログラミングスクールの運営母体となっている会社はSES企業であることが多いようです。私はいつも断言してしまうのですが、SESをやっている企業は全部ブラック企業です。

今の人材不足のご時世ですからブラック企業はますます採用が困難な時代になってきています。普通に採用しても人が集まりませんからあの手この手で人を集めようとしています。弊社でアルバイトしている女子学生から聞いたのですが、今IT業界のブラック企業は女性社員を集めることに必死になっているそうです。女子学生限定で無料で食事をおごってくれたり、女子学生限定の懇親会なども開催されているそうです。

つまりアレですね。女性社員を囲い込むことでそれを餌にして男性社員を集めようとしているわけですね。お前ら本当に人として恥ずかしくないのか。

無料プログラミングスクールもSES企業が効率よく人を集めるために考えだした手段の一つと考えられます。普通に採用するのは難しいので、無料でプログラミングを教えることを餌にして強制的にSES企業に就職させるわけですね。無料プログラミングスクールの運営母体の多くがSES企業であるか、SES企業とつながりの深い企業であることを見てもその事実はうかがい知ることができますね。

しかも無料プログラミングスクールの運営母体となっているSES企業が自社で採用しなかった人については、有料職業紹介として同業他社であるSES企業に売り飛ばしているわけです。同業他社のSES企業だって普通に採用することが難しい似たり寄ったりのブラック企業です。

まさに無料プログラミングスクールがブラック企業への人材供給元となってしまっている現状が浮かび上がってきます。ブラック企業を撲滅するためにはブラック企業への人材供給をストップさせることが一番ですが、何も知らない未経験素人のプログラマー希望の人達を無料の餌で釣っておいてブラック企業に放り込んでいるわけです。これは由々しき事態だと思います。

これが就職先は自由に選択できるオプションがあればブラック企業に送り込まれてしまう事態を防ぐこともできます。しかし就職先に指定が付くことを条件に無料でプログラミングスクールを受講していますので、選択できる会社がブラック企業しかなくてもそこに就職するしかなくなってしまいます。

他の会社を選ぶ代わりに受講料を払うことを懸命に選択される方も中にはいることでしょう。しかしお金がなくて無料プログラミングスクールを選択した方はどうでしょうか。プログラミングスクールの受講はしてしまったけど払うお金はないのであれば、どんな劣悪なブラック企業しか紹介されなくてもそこに就職するしか選択肢がなくなってしまいます。

SESをやっているような会社はどこまでいってもSES企業です。無料の誘惑に惑わされずによく調べるようにしましょう。

プログラミングスクール受講後の就職先企業は穴が空くほど確認すべき

そのプログラミングスクールを受講後にその運営母体の会社への就職が無料の条件となっているのであれば、その運営母体の会社を穴が空くほど確認すべきです。普通就職活動する時はそうやって就職先企業のことをよく確認するでしょう。そのプログラミングスクールを受講する時点で就職先が決まってしまうようなものなのだから、就職時と同じくらいにその会社のことはよく調べておくべきだし、待遇含めた労働条件についても明確にしておくべきです。

他の会社を斡旋される場合でも、斡旋される会社のリストを全て提示してもらってそのリストにある会社のことは全部徹底的に調べておくべきです。スクール受講前に斡旋先となる企業の情報を出してもらえないようであればそんな無料プログラミングスクールは危険すぎるので受講すべきではありません。

就職先は指定するけど、受講が終わるまでは斡旋先の企業の情報は提示しないなんて危険極まりないです。後出しでブラック企業を斡旋されても後からでは何も言えません。

無料プログラミングスクールを活用することは諸条件をよく確認しているのであれば良いと思いますが、その後の就職先企業は慎重に選んでいただければと思います。くれぐれもブラック企業に放り込まれることがないように注意していただきたいです。

私としてはせっかくプログラマーを目指してこの業界に飛び込むのであれば、SES企業は絶対にお勧めできません。SES企業で行われている客先常駐のシステム開発現場の実態をまとめたブログ記事はこちらをご参照ください。

システム開発の業界を目指す学生必読!客先常駐の現場の実態

また業界の実情をよく知らない方がSES企業を外から見極めることは中々難しい場合もありますが、SES企業であるかどうかを見極めるための情報をまとめた記事はこちらをご参照ください。

人売りIT派遣企業(SES・客先常駐)の見分け方

これらを読んでもよくわからない場合、心配な場合は、誰でも良いので現役のプログラマーの方に相談してください。無料スクールを受講してしまうとその時点で就職先が縛られてしまう可能性があるので、相談するタイミングはプログラミングスクール受講前である必要があります。

就職前提なのであれば雇用して育成するべきではないか

わたくし思うのですが、雇用することが前提条件なのであれば、プログラミングスクールを無料にするどころか賃金を支払うべきなのではないかと感じます。例えば新卒採用した時に卒業までの間に入社前研修を行う場合、その入社前研修では賃金を支払う必要がありますよね。無償で入社前研修を強制することはNGのはずです。

もし無料プログラミングスクール受講→採用→就職しなかったら受講料有料という手法が成り立つのであれば、全国のブラック企業が喜んでこの手法を採用してしまいそうな気がして恐ろしいです。

学生に内定を出した後は無料プログラミングスクールという名の入社前研修を受けさせて、もし内定辞退した場合は受講料全額有料になりますというやり方と同じですよね。賃金を払わずに研修を受けさせて内定辞退も防止できてブラック企業にとっては一石二鳥になってしまいます。

もし賃金を払わないでスクールという形でいくのであれば、受講後にその会社に就職することは条件から外すべきではないでしょうか。そのあたりの法律的な扱いはどうなっているのか詳しく記事に書かれた弁護士の先生がいらっしゃいましたらぜひご連絡いただきたく思います。当ブログ記事からリンクを貼らせていただきたいです。

 

ちなみにアクシアでは未経験の人を採用する場合は採用してから約2ヶ月間ほどずっとプログラミング研修を行います。これは正社員でもアルバイトでも同じように行います。エンジニア経験者の方であってもアクシアで使用している言語の経験がない場合だとやはり入社後の研修を行います。お金もらいながら実践的なプログラミングの勉強をさせてもらえるということで学生などからはかなり好評です。

でも最近では毎日のように求人応募の問い合わせがくるし、学生アルバイト希望の人でも趣味でプログラミングばりばりやってるような人が多くなったので未経験の方の募集はそろそろ打ち切ります。w