構築サービスについて


システム開発を発注するために、IT知識は必要ですか?


ITに関する専門知識は、無いよりは有った方が望ましいですが、IT知識は必須条件ではありません。元々ITが苦手だったお客様もたくさんいらっしゃいます。

専門的なITの知識やノウハウの有無よりも、大事なのはシステム開発に本気で取り組む姿勢の有無です。本気でシステム開発に取り組む姿勢があれば、ITが苦手なお客様でもプロジェクトを成功させることができます。逆にどんなに豊富なIT知識があったとしても、お客様にも本気でプロジェクト成功に向けて取り組んでいただけないと、良い結果を得ることは難しいです。

「姿勢」というと精神論のように感じられる場合もあるかもしれませんが、なぜ本気で取り組む姿勢が最も大事であるかというと、システム開発はプロジェクト型の業務だからです。システム開発の専門会社であるアクシアとお客様が共同で一つのプロジェクトを進行していきます。お客様も一緒にプロジェクトに取り組んでいただけないと、開発会社だけでプロジェクトを成功に導くことはかなり難しいです。

アクシアはシステム開発を専門とする会社ですので、もちろん開発に関する実績は豊富にありますし、今まで培ってきたノウハウを駆使して顧客の開発プロジェクトを成功に導くべく全力で支援させていただきます。しかしながら、システムを導入してお客様の業務を改善するためには、どのように業務を改善していくのか、そのためにはどんなITシステムが必要になるのかを、我々と一緒になって考えていただく必要があります。

アクシアは開発会社ですので、お客様が必要とするシステムを構築し、導入やその後の保守運用までサポートさせていただきますが、その目的はシステムを作ることではなく、構築したシステムを使って顧客の業務を改善することです。そのためには他のどこの会社よりも自社の業務について知り尽くしているお客様のご協力が不可欠です。

単にシステムを作るだけであれば我々にとっては非常に簡単な仕事ですが、お客様の貴重な予算を割いていただいてせっかくシステム開発を引受させていただくからには、構築したシステムを使ってお客様の業務を改善するところまでを目的とさせていただきたく思っております。

システム開発のプロジェクトを成功に導くためにも、最後まで我々と一緒にプロジェクトに取り組んでいただけたら幸いです。不足するIT知識があれば我々がサポートいたしますので、開発に本気で取り組む姿勢だけは最低限ご用意いただきたく思います。