生産性管理システムについて


残業を削減したいです。生産性管理システムを導入するだけで残業ゼロになるのですか?


生産性管理システムを導入するだけでは残業は削減できません。業務を効率化して残業を削減していくためには、具体的には下記のようなステップを実行していくことになります。

  1. 仕事の見える化
  2. 仕事の廃止
  3. 仕事の自動化
  4. 仕事の標準化

これら4つのステップの中でも、生産性管理システムは主に1の見える化と3の自動化を実現するためのシステムとなります。

従業員一人一人の日ごと、プロジェクトごとの生産性や納期までの生産予定を見える化し、従業員が自発的に必要な対策を考えたり、自分のスケジュールが銃長であるかどうかの確認を行ったりすることができるようになることでパフォーマンスが向上します。

またチームリーダーやマネージャーは、生産性が落ちているメンバーをすぐに検知することができるようになりますので、プロジェクトに問題が発生している場合にすぐに気づき、早めの段階で対策を取りやすくなります。

これらのデータを数値化してマネジメントに活用することが重要ですが、こうした数値を集計するためには通常は毎日膨大な時間が必要となってしまいます。生産性管理システムでは生産性に関する数値をシステムで自動的に集計しますので、手間を掛けずにマネジメントに必要なデータを活用することできます。

このように生産性管理システムは、メンバーの生産性を見える化して適切なマネジメントを行うためには大変重要で効果的なシステムとなります。