なぜ月額制開発サービスを行うのか

継続的に開発を行い、日々発生する課題に対応してゆきたい
スピード感をもってサービスを改善してゆきたい

そのようなニーズに応えるために提供を開始したサービスが月額制開発サービスです。

システム開発をシステム開発会社に発注する場合、「請負契約」で発注することが多く、その代金もシステム納品時に一括で支払うケースが多いかと思います。

これは従来だたのウオーターフォール型の開発を前提としたもので、発注時にシステム要件・仕様がある程度決定されている状態で、システム工数にかかる工数をシステム開発会社側で見積をおこないます。
提示されてた見積金額、納期を受けて契約するかどうか判断し、契約する場合発注を行います。

アクシアが提供する月額制開発サービスではご契約時に仕様や具体的な実施内容が決まっていなくともご契約可能です。現在抱えている課題(やりたいこと、問題点)を共有いただき、概算の見積もりを行います。
そのボリューム感から月額どれくらいの予算を割いて勧めてゆくのが適切かをご提示し、月額の予算を決定します。

具体的な内容が決まっていないものについては、月額のご予算内でご提案作成や技術検証を行い、その結果を見ながら方針を少しずつ決めてゆくことも可能です。

また、プロジェクト進行中に
『A機能の開発を最優先に進めていたが、この機能は後でよさそう。
逆にB機能を変更することで改善効果が高いので、B機能を変更を優先したい』
といった要望をいただくことは珍しくありません。
そんなシーンでも月額制開発サービスでは柔軟に実施タスクの差し替えが可能です。

一括請負契約と当サービスの異なるポイントを整理すると下記の表のようになります。

  一括請負契約 月額制開発サービス
契約時の状態 システム要件・仕様がある程度決定している必要あり システム要件・仕様がはっきり決まっていなくても可
契約時の納期設定 あり なし
(進行しているタスクの納期、進行状況は定例MTGやチャットツールなどで共有されます)
代金の支払い時期 納品月末締め翌月末支払
※アクシアでの標準的な契約条件
毎月定額
優先順位の変更
(別タスクの差し込み)
別途見積、別途発注
※スケジュール状況によってはご希望納期に添えない場合あり
発生時に優先順位の変更、作業差し替え可能
※追加対応分が残余予算の範囲内であれば、確保しているリソースにて対応可能
月額制開発サービスの具体的な進め方
  1. 課題の共有、月額費用の見積

    現在抱えている課題や今後の展望などをヒアリングします。
    問題解決のための最適な月額予算を見積しご提案します。
    サービス提供は最低半年単位での提供となり、月額費用は半年ごとに見直しが可能です。
  2. ご契約

    業務委託の基本契約書と月額費用を記載したご契約書を取り交わします。
    具体的な発注明細や、納期はこの時点では契約書類に記載されません。
  3. 運用開始~日々の課題消化

    定例ミーティング(チャットツールやSkypeやZoomで実施)で課題優先順位を決定します。決定された優先順位に沿って、課題の対応を行います。
    進行中に発生した優先順位の変更や、インシデント(サーバーOSに脆弱性が発見された等)発生の作業差し込み時にも月額予算に収まる範囲でしたらすぐに対抗開始いたします。

従来型の受託開発(一括請負契約)では発注前に発注内容を決め、システム開発会社側では依頼内容に沿った見積を行い、納期を設定して注文を請負ます。
プロジェクト進行中に優先順位を変更する必要が発生した場合、別途契約を都度行うこととなります。
また、発注済の注文の優先順位を下げ、納期変更を行う場合、発注者と受託者との間で協議が必要となり、契約の再締結など煩雑な手続きが付きまといます。(柔軟性が低い)

また、スピード面でもすぐにでも割り込ませたい対応が発生した際にも、見積→発注→請負→納期設定(スケジューリング)の作業が双方で発生するため、初動が遅れる要因にもなります。

月額制開発サービスに向いているケース
  • 優先順位の変更が頻繁に発生する

    進行中に当初なかった要望が発生し、優先順位の組み換えを行い、進行中作業を保留にして、発生した新しい要望に対応したいケースはよく発生します。
    このような優先順位の組み換えが頻繁に発生する場合、一括請負契約ですと当初発注内容に含まれない作業となるので、別途見積・発注となります。ただし、そのときに開発メンバー(リソース)に空きがないこともあります。
    本サービスでは都度契約ではなく、開発予算から消化を行います。
    ですので、作業の差し替えはチャットツールやメールのやり取りですぐに可能です。
    また、月額のご予算内の開発要員(リソース)はあらかじめ確保しているため、ご要望の対応が残予算の範囲内であれば、リソース不足に陥ることはありません。

  • 具体的な仕様は決定していないが、少しずつ開発を行いフィードバックを行いながら完成に近づけたい

    やりたいこと、達成したいことは決まっているが、具体的なシステム仕様については、すべて作りこむ前に少しずつリリースし、ユーザーの声などフィードバックを反映しながら、軌道修正してゆきたい場合、一括の発注では所要工数が不明瞭となるため、進行が難しくなります。
    月額制の開発サービスにおいても、全体の予算概算は見通しの参考として算出しますが、このような場合、正確な見積もりを算出することは不可能となりますので、一括請負の契約では不都合が発生することがあります。
    月額制の開発サービスではこのようなプロジェクトの進行にも柔軟に対応可能です。

  • スピード感を重視したい

    外的要因で発生するインシデント(脆弱性対策など)にスピード感をもって対応できる使用しているサーバーOSに発見された脆弱性への対応など、緊急性の高い作業が発生した場合に、月額開発の予算を回すことで、すぐに対応を開始できます。
    こちらは実際に発生した事例でも、本サービスにご加入のお客様とそうでないお客様とで、対応スピードに違いが発生する部分です。ご加入のお客様からは大変好評をいただいております。

月額制開発サービスに向いていないケース
  • 開発する機能の仕様が固まっていて、仕様変更の発生が想定されないシステムには有効ではない

    システムの仕様がかっちり決定されており、ほとんど変更も発生しないと見込まれるシステム開発の場合、あまりメリットが活きる場面がありません。
    このような場合、総額の予算も算出可能ですので、月額制の開発は向いていません。

  • 継続的な開発のニーズがないシステム

    月額制開発サービスは最低でも半年単位でのサービス提供となります。2~3か月で開発が完了し、その後は特にメンテナンスも追加開発も実施しないプロジェクトの場合は月額開発サービスを利用してのシステム構築は向きません。

実際のお客様の事例
  • Webサービス運営事業者様A社様

    開発案件ごとに都度発注を行っていたが、独自のWebサービスを提供しているので、機能をリリースしてみると想定していなかった要望が発生し、よく優先順位を組み替えては発注していました。
    ただ、発注時にアクシアさんの開発メンバーの方がほかの仕事で埋まっていることもあり、悩みの種でした。
    新しく始まったこのサービスを早速契約しましたが、運用しやすく快適にプロジェクトを進めることができました。
    発注予算はこのサービスに加入する前と後であまり変化はありませんので、当社としては大変満足してます。
  • Webサービス運営事業者様B社様

    自社で開発チームを構築しようとエンジニアを雇い入れていましたが、退職となり開発体制をサービスとして提供してくださっているアクシアさんに引継ぎを依頼しました。
    日々のやりとりもチャットですぐに対応いただいているので、まるで社内に開発チームがあるように柔軟に対応いただけています。
    また、障害発生時にも月額制の予算を消化し、問題解決に向けすぐに動いてくださったので、本サービスに加入して本当によかったです。

新規システム構築に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら